読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

断捨離できるのは、所有権のあるものだけ。

私は小さい頃からあまり者に執着しない方だったようで、母からは未だに笑い話のような感じで聞かされるエピソードが沢山あります。
そんな風ですから、断捨離という言葉がが流行るかなり以前から季節ごとに不要品を処分していました。
衣替えやシーズン毎に、ゴミ袋で何袋もの不要品を処分してるのに、毎回新たに不要品が出るのは、生活していれば仕方ないことだとは思っていました。
服だって食器だって使っていれば傷みますから、どうしても手放さないといけない時期と言うのはあるものですから。
でも、家族と暮らしていればこちらの一存だけでは、どうしても処分できないものもあって、こういう物が、ずっと私のストレスになっていました。
主人は、私とは真逆の価値観をもっているようで、壊れていないものは基本的に手放そうとはしません。そこに思い出なんて言う厄介なものがくっ付いていれば余計に。
もうページを捲られることのない古い雑誌、弾かなくなったギター、サイズも合わないコートなどなど・・・。
納屋に押し込まれたこれらの品物を見る度に、溜息を吐いたりしてました。
持ち主が捨てると言わない限り、勝手に処分することはできません。この辺りで、私の季節ごとの整理整頓の一環だった断捨離が暗礁に乗り上げてしまいました。
でも、こういう悶々とする時間を少し過ごした後に、ハタと気付いたんです。
捨てること、手放すことが目的になっていることに。
よく言われる断捨離の落とし穴に、私も見事に落ちてしまっていたんです。
そこからは、考え方を変えるように努力しました。と言うより、憑き物が落ちたように、主人の持ち物に対してストレスを感じなくなったんです。
物には所有者がいて、要る要らないの判断をするのは、その所有者です。ということは、当然管理責任もその所有者にあります。
一家の主婦である私は、家の中にある物全てをきちんと管理するのが仕事だと、知らない間に思い込んでいたんですね。例えその物が自分の物で無かったとしても。
管理はするけど処分は出来ないなんて、私は倉庫の雇われ番人ではありません。
この事に気付いてからは、家族の持ち物に関して一切の責任を手放すことにしました。とは言っても、家族は何も気付いていないと思います。整理しろ、捨てろと言わなくなったとは思っているかもしれませんが。

断捨離はそのまま終活に繋がっていると思うので、今は自分が居なくなった時に処分を人に任せられないものを主に断捨離候補にあげて、整理し始めています。
所有権の無い他人の物の要不要を判断することが、どれだけ疲れるかを知っているからこそ、自然に考え方を変えることが出来たんだ思っています。