読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ドラゴンクエスト8』の3DS移植版の感想と3DS買取サイト紹介

プレステ2で発売された『ドラゴンクエスト8』の3DS移植版をプレイしたのですが、非常に良移植だと思いました。

ドラクエらしいストーリーやキャラクターに加え、一番気に入っているフィールドの広大さが携帯機になってもしっかり再現されています。

また、パーティキャラの二名追加など、追加要素も魅力的なのですが、個人的に一番気に入っているのが、敵モンスターが可視化され、モンスターとエンカウントが強制ではなくなったことです。

これはドラクエらしさを失うのではないかという声もあるでしょうが、エンカウント率が高いと面倒と思われる人も多いと思うので、非常に今風に上手く改良されたなと思います。

8はフィールドの表現に力を入れていて、ドラクエの世界観の中を走り回れるところが嬉しいのですが、特に移動手段が徒歩しかない序盤は、遠くまで歩いていくのに結構な時間がかかり、モンスターとの戦闘が煩わしく思うことも多くありました。

今回はシンボルエンカウント式なので、モンスターを避けて進むことが可能です。序盤の移動が楽になりましたし、広いフィールドを満喫することができます。

単純に、広いフィールドにモンスターがいる中を避けながら、自由に走り回れるのはとても気分がいいですね。狙ったモンスターと戦うこともできるので、レベル上げのときも楽です。

他にも細かいところで修正されているところがあり、ドラクエらしい楽しみがたくさんある良移植だと思います。

xn--3ds-5m4bub4359agh1e.com

 

断捨離できるのは、所有権のあるものだけ。

私は小さい頃からあまり者に執着しない方だったようで、母からは未だに笑い話のような感じで聞かされるエピソードが沢山あります。
そんな風ですから、断捨離という言葉がが流行るかなり以前から季節ごとに不要品を処分していました。
衣替えやシーズン毎に、ゴミ袋で何袋もの不要品を処分してるのに、毎回新たに不要品が出るのは、生活していれば仕方ないことだとは思っていました。
服だって食器だって使っていれば傷みますから、どうしても手放さないといけない時期と言うのはあるものですから。
でも、家族と暮らしていればこちらの一存だけでは、どうしても処分できないものもあって、こういう物が、ずっと私のストレスになっていました。
主人は、私とは真逆の価値観をもっているようで、壊れていないものは基本的に手放そうとはしません。そこに思い出なんて言う厄介なものがくっ付いていれば余計に。
もうページを捲られることのない古い雑誌、弾かなくなったギター、サイズも合わないコートなどなど・・・。
納屋に押し込まれたこれらの品物を見る度に、溜息を吐いたりしてました。
持ち主が捨てると言わない限り、勝手に処分することはできません。この辺りで、私の季節ごとの整理整頓の一環だった断捨離が暗礁に乗り上げてしまいました。
でも、こういう悶々とする時間を少し過ごした後に、ハタと気付いたんです。
捨てること、手放すことが目的になっていることに。
よく言われる断捨離の落とし穴に、私も見事に落ちてしまっていたんです。
そこからは、考え方を変えるように努力しました。と言うより、憑き物が落ちたように、主人の持ち物に対してストレスを感じなくなったんです。
物には所有者がいて、要る要らないの判断をするのは、その所有者です。ということは、当然管理責任もその所有者にあります。
一家の主婦である私は、家の中にある物全てをきちんと管理するのが仕事だと、知らない間に思い込んでいたんですね。例えその物が自分の物で無かったとしても。
管理はするけど処分は出来ないなんて、私は倉庫の雇われ番人ではありません。
この事に気付いてからは、家族の持ち物に関して一切の責任を手放すことにしました。とは言っても、家族は何も気付いていないと思います。整理しろ、捨てろと言わなくなったとは思っているかもしれませんが。

断捨離はそのまま終活に繋がっていると思うので、今は自分が居なくなった時に処分を人に任せられないものを主に断捨離候補にあげて、整理し始めています。
所有権の無い他人の物の要不要を判断することが、どれだけ疲れるかを知っているからこそ、自然に考え方を変えることが出来たんだ思っています。

冬物衣類の断捨離をしてみたものの・・・。

 断捨離に興味を持ったのは、単なる片付け術ではなく考え方や価値観を見直すことにつながると知ってからでした。なぜなら私は、片づけるだけなら苦手な方ではないからです。それでも断捨離が必要だと思ったのは、多いなりに片付いている衣類をなんとかしたいと思ったからでした。
 そして、断:入ってくるいらないものを絶つ。捨:家にあるいらないものを捨てる。離:物への執着から離れる(ウィキペディア)という考え方におおいに刺激を受けたからです。
 「衣類は80パーセント減らせる」と断捨離の考え方では言いますが、いきなりそこへたどり着くのは私には難しいと考えました。何着服を持っているのか数える気も起りません。そこで、冬物に限って不要な物を処分しようと考えたのです。さらに、冬物のコート類に絞りました。もったいないという思いの他に、思い入れのある服が何着かありました。祖母の葬儀が終わった際、母がよく手伝ってくれたと10万円をくれました。そのお金で私は今まで買ったことのないような高価なウールのロングコートを買いました。買った当時はよそ行き用に着ていましたが、今となっては型遅れも甚だしく車中心の生活で足元まで隠れるようなロングコートは必要ありません。祖母の思い出に・・・とかなり迷いましたが最終的に断捨離の対象になりました。
 また、三十歳の記念にと自分で買った黒いバーバリーのロングトレンチコートがありました。お葬式にも着られる一生物だと思ってその時は買ったのです。
しかし、当時よりずいぶん痩せた私にはぶかぶかだし、バーバリーのトレンチと言えども微妙な流行はあります。記念に買ったものだから・・・とこれもかなり迷いましたが、断捨離です。誰でも持っている色と形の違うダウンコートが三着ありました。そのうちよく着るのは何にでも合うカーキ色の一着だと自分でもわかっていたので、残りの二着は断捨離です。
 他に、若い頃に買ったウエストラインがきっちりしまったロングコートが二着、レザーのコートが二着ありましたが、年齢的にもう着ることもないだろうと断捨離です。
 実はまだ、絶対着ないかもしれないけれど今はどうしても手放せないコート類が残りました。でも、今、無理に捨てないとだめなのかと何度も自分に問うてみて、今はいいんじゃないかと自分に言い聞かせたのです。今回のように時期が来れば手放せる日がくるかもしれないと。まぁ、それが断捨離の難しいところなのですが。
 それでもかなりの数の処分が決心できました。冬物のコート類だけとはいえ、大きなものがなくなったのでクローゼットがすっきりしたのは事実です。気が変わらないうちにと売りに行くと7360円になりました。そして、そのお金でまた私は古着の服を一着買ってしまいました。
 断捨離の成功例や、考え方が変わって生きるのが楽になったというのをよく聞きます。私は断捨離の入り口に立ってはいるのかなと思いますが、その精神に感化され、自分のこととして実行していくのにはまだまだのようです。でも、少しづつは前に進みたい。そう思って次の断捨離を画策しているところです。

 

とびだせどうぶつの森をプレイして感じたこと

今では誰もが知っている程の大ヒット作品であるどうぶつの森ですが、皆さんはどの様に楽しんでいるでしょうか。私も先日からニンテンドー3dsとびだせどうぶつの森をプレイし始めたのですが、やはりこの作品はとてもリラックス出来る作品ですね。この作品は楽しみ方は人それぞれの自由で、自分好みの遊び方が出来ます。
ストーリーは、動物達が暮らす村に主人公であるプレイヤーが村長としてやってきて、自分好みの村作りを行っていくという内容になります。実際にプレイしてみて感じたのが、とてもほのぼのする作品であるという事でした。平和な村でのんびり釣りをしたり、住民の動物達とのんびり会話したりと、心身プレイヤーを癒してくれる要素が満載の作品でした。また、ゲーム内では自分の家も持てるのですが、非常に沢山の種類のある家具で自由にレイアウトが可能です。家具の数は軽く400を超える為、自分好みのお部屋を作る事が可能です。また、家具だけで無く身につけるアクセサリーや壁紙絨毯なども数多く用意されている為、コレクションしたりなどの楽しみ方も出来てしまいます。私は主に釣りや虫とりなどで楽しんでいますが、魚や虫も沢山の種類が登場する為、一度やり始めるとつい夢中になってしまいました。そして何と言ってもこの作品のすごい所は、時間と季節が現実の時間とリンクしている所です。ゲーム内の時間もリアルタイムの為、夜の村で遊びたい場合は現実でも夜の時にプレイする必要があります。しかし、ゲーム内の時間は自由に変更可能な為、自分の遊びたい時間に変更して遊ぶのがオススメです。時間限定でしか出会えない魚や虫もいるのでリアルの時間も合わせるのは少々無理がありますからね。
私がとびだせどうぶつの森をプレイして特に強く感じた事は、やはりとても癒される作品という事でした。中でも登場する動物達にはとても可愛いキャラクターが幾つかいるのですが、可愛いキャラクター達と会話している時が一番この作品で癒された瞬間でした。この作品はソロプレイはもちろんですが、WIFI通信を利用する事により、お友達の村におじゃまする事も出来ますので、周りにとびだせどうぶつの森をやっている人がいれば通信で遊んでみるのも面白いと思います。どうぶつの森は今作が初めてのプレイでしたが、とても癒される面白い作品でした。皆さんも一度プレイしてみてはいかがでしょうか!

久しぶりに夢中になったゲームソフトです。

私は、元来ゲーム好きですが最近は仕事が忙しいのとあまりゲームが面白いと
感じないのとで、ゲームをプレーしなくなっていました。
しかし、久しぶりにハマってプレーしたゲームソフトがNintendo3DSソフトの
妖怪ウォッチバスターズです。
これは、赤猫団と白犬隊とダウンロード版2種類の4タイプが発売されました。
発売当初、予想以上の大ヒット商品になり店頭から商品がなくなりました。
そして、白犬隊が大人気となり入手困難な為、私は赤猫団を購入しプレーを始めました。
元々は、購入予定ではなかったのですが友人の子供がプレーしているのを見て、面白そうだと思い購入を決めて即購入しました。
妖怪ウォッチは、子供向けのゲームですがこの妖怪ウォッチバスターズは、なかなか面白く大人もプレーしている人が多くネットを利用して、4人で共同プレーが出来るので面白く
夜の大人の時間帯に、プレーに夢中になり睡眠不足の日が続きました。
お陰様で、キャラは強くなりましたし強い妖怪も仲間に出来ました。
また、殆どの面もクリアー出来ました。
妖怪ウォッチは、RPGでしたがこの妖怪ウォッチバスターズアクションRPGの為
操作のテクニックも問われました。
また、12月には新作の月兎組が無料でダウンロードされ新しいゲームが出来る様になり
キャラクターも増えて面白さが倍増されました。
飽きてきた頃に、無料で新しいゲームを配信すると言うアイデアは凄いと思いました。
このゲームは、アクションゲームが上手ならゲームオーバーにならずにクリアー出来るので楽しいです。
また、久しぶりにアクションRPGで面白いゲームに出会ったと思いました。
それと、おもちゃで発売されている妖怪メダルのQRコードを読み込むと
ゲーム上でガチャが引ける妖怪コインが貰えると言う連動した企画は、面白いと思いました。
月兎組になると、おもちゃの妖怪メダルも歌メダルが発売されその歌メダルを読み込ませると、妖怪達が歌っている歌が流れ防御力が上がったり攻撃力が上がったりと、特徴のある効果を発揮させると言うアイデアを入れて来たので面白かったです。
私は、この妖怪ウォッチバスターズは全ての面をクリアーしましたが、クリアー後も
ネットに繋いで知らない人と遊べるので飽きずに楽しんでいます。
簡単で楽しんで出来るのでお勧めです。

ガールズモード3

私が好きな3DSゲームはGIRLS MODE3(ガールズモード3)キラキラ☆コーデです。
このゲームは任天堂さんから出されていて1、2と続いているゲームです。
小さい女の子から大人の方まで様々な人がやっているゲームです。
ゲームの内容はセレクトショップの店長になり、お客をコーデしたりファッションを楽しむゲームです。
まずは自分の名前、容姿を決めます。
容姿は身長、顔、目、眉、口などなど種類は豊富です。
私はここで1番時間をくいましたね。
今回は、お仕事が増えセレクトショップの店長、メイクアップアーティスト、美容師、デザイナー、モデル
5つの仕事を楽しむことが出来ます。
セレクトショップの店長は19,000点以上のアイテムからコーデをしていきます。
服はクールからガーリー、ポップやゴスロリまで様々なブランドから自分のセンスでコーデ出来ます。
リクエストがくることもあり、
「ジャケットちょうだい」
「このブランドのスカートが欲しい」
…などなど、色々なリクエストがきます。
店の内装、外装、BGMも変えることが出来ます。
服を仕入れたり色々出来ますね。
可愛い服、かっこいい服たくさんありますよ!
メイクアップアーティスト、美容師では色は最初全色ありません。
ではどう色を集めるか…ゲーム内での背景、特殊な物を写真で撮って集めていきます。
春はここに、夏は…など、なかなか撮るのが難しいです。
全色集めきった時は達成感がありましたね。
色を集めていきつつ、メイクアップアーティストはお客のリクエストを聞きながらメイクをしていきます。
美容師は髪型や色を集めていきつつ、リクエストに沿いながらしていきます。
髪型では、ツインテール、アフロなどなど種類は豊富です。
デザイナーでは、ブランドから依頼を受けて服を作ったりします。
モデルは、服、メイク、髪型を変えて依頼に沿いながらポーズをとって写真を撮ってもらいます。
などなど自由に出来つつ面白いゲームです。